基本理念

理事長挨拶

横浜市社会事業協会は、経営理念「夢と希望のもてる誰もが住みやすい社会との架け橋を築く」を基本に、利用者のみなさまの満足が得られるサービスの向上に努めるとともに、職員も働きやすい環境つくりに力を注ぎ、経営基盤の安定を常に目指しています。
当法人の事業展開は、障害者支援施設の運営をはじめ生活保護更生施設、地域ケアプラザ、精神障害者生活支援センター、居宅サポート事業所の運営など多岐にわたっていますが、利用者のみなさま、地域のみなさまのご意見を十分お伺いし、さまざまな問題解決に取り組んでいます。みなさまのご利用を心からお待ちしております。

経営理念

『夢と希望のもてる誰もが住みやすい社会との架け橋を築く』

基本理念

行動指針

  • 法令の遵守
  • 1.わたしたちは、「社会福祉法人 横浜市社会事業協会」の職員として、福祉実践の誇りと自覚を持ち、関係法令や社会ルールを遵守し、信頼される法人となるように努めます。
  • 地域との共生
  • 2.わたしたちは、地域社会における福祉の活動拠点として関係機関と協働のうえ、地域社会の持つ力を尊重し地域福祉の発展に寄与します。
  • 情報管理と情報開示
  • 3.わたしたちは、業務上知り得た情報について、漏洩の防止・不正の排除など適切な情報管理に努めます。また、必要な情報を正確にわかりやすく積極的に開示します。
  • 笑顔で働ける職場環境作りと人材の育成
  • 4.わたしたちは、全ての職員が安心して働ける環境を整え、良好な人間関係を築き、法人の使命を果たすための人材育成に努めます。
  • 環境への取り組み
  • 5.わたしたちは、日常業務の中でひとりひとりが「無理・無駄・ムラ」をなくすよう努め、省資源・省エネルギーを徹底して、環境にやさしい職場をめざします。

倫理網領

  • 1.わたしたちは、全てのひとびとの基本的人権を擁護し、利用者ひとりひとりをかけがえのない大切な存在として尊重します。
  • 2.わたしたちは、サービスの提供において、体罰・暴力・虐待等の人権侵害は、いかなることがあっても絶対に行いません。
  • 3.わたしたちは、利用者の自己決定を最大限尊重し、ひとりひとりに合った社会参加を目指し、常にサービスを利用する側の立場に立ち、その人らしい生活を営むことができるように努めます。
  • 4.わたしたちは、利用者のプライバシーを尊重し、業務上知り得た個人情報について守秘義務を徹底します。なお、退職後も守秘義務を継続いたします。
  • 5.わたしたちは、福祉の専門職として価値・理論・実践をもって地域社会や社会の様々な活動に参画し「誰もが住みやすい社会」への変革と福祉の向上に貢献します。

横浜市社会事業協会シンボルマーク

シンボルマーク

このマークは、リバーサイド泉の利用者が、タンポポの綿毛からイメージしてデザインしたもので、当法人に関係する人々が、綿毛のように各地にとび、また新しい土地に根付いて発展していくことをイメージしています。