タイトル 台風一過
2017/10/26

台風一過

P D F PDFを見る
10月22日(日)は衆議院選挙の日、超大型台風21号の影響で終日強い風雨に悩まされました。そして選挙よりも前に日程が決まっていた34回目を数えるリバーサイド泉のお祭りは中止になってしまいました。職員、保護者、地域の皆さま、力を合わせて準備を進めてきましたが残念な結果になってしまいました。雨天決行のお祭りが中止になったのは初めてのこと。関係者の落胆は相当に大きかったです。
◆さてお祭り中止の一方で風水害への備えをと、雨水の浸入しそうな場所に土嚢を設置、避難となった場合の持ち出し品の準備と職員一丸となって緊急の対応を進めました。施設名称のとおり境川に道路ひとつ隔てるだけの敷地、過去には周囲が水浸しになったこともあります。マニュアルを整備し、訓練も重ねてきました。いざというときは近隣ののぞみに避難することになっています。
◆横浜市の防災メールで刻々と河川の水位情報が届きます。近く長後街道にかかる高鎌橋の観測地点では「氾濫注意水位を超えました。3.06m↑上昇中」と23日午前4時に届きました。この時間では動きようもないしと心配しているうちに無事に夜が明けました。下流にできた県立境川遊水地公園のおかげだと思います。これで安心しきってはいけないのですができてよかったとつくづく思いました。
◆法人の他の事業所の様子も確認しましたが、雨漏りの報告1件のみで他に被害はなく通常の営業ができていました。鉄道の不通もありましたがいつもどおりにご利用者を迎えなくてはとの思いで、経路を工夫して早めに出勤した職員がほとんどと聞きプロ意識を感じさせてくれました。職員の皆さんに感謝です。
台風一過の晴れわたった空を見上げ、一日ずれていればと悔しがる関係者一同でした。
このうえは28日(土)簑沢地域ケアプラザのお祭りは良い天気の元でと願っています。